ホーム
ホーム

当園について

ごあいさつ

中国古典の荀子勧学篇に
「青はこれを藍より取りて、しかも藍より青し」
とあります。
藍はタデ科の植物で古くから染料として親しまれています。
抽出した染料を何度も染め直していくと、濃い青色がえられます。
これを例えとして
「そこから生まれたものが、そのものよりもすぐれていること」
を意味します。


藍の立場である保育士が、青の立場である園児に対し限りない愛情や慈しみの心を注ぎ、園児の素直な心に人間性のエッセンスを注入し人格形成してゆく。
そこから、自制心、忍耐力、コミュニケーション能力、そしてなんと言っても「やり抜く力」を持つ、個性的で人間性豊かな大人の土台を創って行くことを青藍の2字に込めました。


また、私の故郷深谷市の有名人に日本資本主義の父と言われた渋沢栄一(長じて青淵)がおります。
青淵翁は、私が生まれたとなりの血洗島の豪農の家に生まれ、副業として藍玉の製造販売をしておりました。
このような社会に役立つ人間を将来一人でも多く輩出できれば、私どもの保育園の存在意義が達成されたことになります。
園児の未来を思うと夢が大きく広がります。


 さらにもう一つの目標である「”地域に愛される保育園”にしよう」との願いをこめて西大宮を冠し命名致しました。
そして、私を始め職員、法人役員一同、未来ある園児と日々人間力を磨く保育士の後方支援(バックアップ)を全力で行なって参ります。


最後に、西大宮青藍保育園は、様々な方のご協力・支援によって準備が進められ、母体である社会福祉法人藍青会は、2017年8月4日に法人登記が成立、2018年4月2日(創立記念日)に開園いたしました。
園児と保育士、共に歩む西大宮青藍保育園をどうぞ宜しくお願いいたします。

社会福祉法人 藍青会
理事長 関根 博

基本理念

基本理念

一人を大切にする幼児教育を通じて、園児の人格形成に寄与し、将来社会へ優位な人材輩出に貢献する。

 園児にとって、いままで家族という一番小さなコミュニティ(社会的つながり)から、一歩外へ広いつながりを持つ最初の機会が保育園になります。
そんな子供たちを私たちは、一人の独立した人間と捉え、人格を尊重し、将来りっぱな大人に育つため、しっかりした幼児(人間)教育をしてゆきます。
社会的な価値(果実)に育つ良質の種を子供たちの心に植えること、それが子供の幸福に繋がっていくと信じています。

保育目標

1.ものを大切にする子に育てよう


子供たちの最大の関心事は、自分を取り巻くものであるはずです。
そしてそれを探索する行動を起こします。
さわったり、なめたり、放り投げたり、さまざまな行動を行います。
そのときに、子供の問いかけや質問等に丁寧に答え、そのものを大切にする心を育てます。

2.ともだちを大切にする子に育てよう


自分と同じく社会へ一歩を踏み出した園児(なかま)は、人格形成に大いに役立つはずです。
そのなかまと遊んだり、けんかしながら他人との人間関係を学びお互いに「なかま」を大切にする心を育てます。

3.おとうさん・おかあさんを大切にする子に育てよう


自分を生んでくれて、育ててくれるお父さん、お母さんを大切にするのは、当たり前です。
自分の親を大切にしない人間が、どうして他人を大切にできるでしょうか。
その気持ちを大切に思い続ける心を育てます。

園の概要

事業者名称 社会福祉法人藍青会
代表者 理事長 関根 博
名称 西大宮青藍保育園
認可年月日 平成29年8月4日
創立記念日 平成30年4月2日
施設長 實重 裕子
職員数 25名
所在地 〒331-0078 さいたま市西区西大宮3‐25‐5
電話・FAX 048-729-6726
メールアドレス nishioomiya@seiranhoikuen.com

情報公開

当園では、運営の透明性を保持するため、定款、財務報告などの情報を公開をしております。

保育士自己評価結果

当園では、保育の質の向上を目的とした保育士の自己評価を厚生労働省のガイドラインに基づき行っております。また、その結果を公表しております。

苦情の情報公開

当園では、皆様よりいただいたご意見・ご要望を真摯に受け止め、改善に取り組んでまいります。